代わりに文書を保管してもらおう

>

保管する以外にできることがある

預けた文書を編集しよう

文書を預けて、少し経ってから内容を書き換えたいと思うかもしれませんね。
自由に編集できるサービスがあるので大丈夫です。
決められた立場の人しか編集はできないので、その他の人が勝手に文書を編集することはありません。
また自分が文書を編集したら、他の文書を編集できる立場の人に知らせなくてはいけません。

その人が文書を見たときに内容が変わっていたら、ビックリさせてしまいます。
たくさんの人がいれば、全員に知らせるのは面倒でしょう。
メールで一斉に文書を編集したことを知らせる機能があると、手間を削減できます。
業者を選択するときは、文書を編集するときの決まりを確認してください。
預けた文書を編集したいと思う機会は、意外と多いです。

文書がいらなくなったケース

最初は必要だと思って保管を依頼していた文書でも、いらないと感じることがあるかもしれません。
もう仕事で絶対に使わないと思った分署は、処分してください。
ずっと残しておくと、どれが必要な文書なのか分からなくなってしまいます。
たくさんの文書を預けることができますが、必要無い文書まで残しておくのは無駄です。
処分も業者が対応してくれるので、自分で処分する手間を削減できます。

文書を自分で処分するときは、誰にも見られないでひっそりと作業しなければいけません。
意外と手間が掛かります。
業者に任せれば独自の方法で処分してくれるので短時間で済みますし、誰にも見られません。
少しでも余計な手間を削減できるように、文書保管を利用しましょう。